The Running Homerun

The Running Homerun


決して格好のいいホームランではないかもしれない。
しかし、ランニングホームランには観客の視線を釘付けにし
時に通常のホームランを凌駕する「ドラマ」がある。

世の中の人々を魅了し、有益をもたらすものは「ヒット番組」「ヒット曲」「ヒット商品」などと呼ばれます。ヒットの上をいくのがホームランであるとするなら、そんなヒットの究極の形がランニングホームランと言えるかもしれません。

社名である「THE RUNNING HOMERUN」には“確実にヒットを飛ばし、ホームランと同等の得点につなげ、ホームラン以上のエンターテインメントを提供する”という思いを込めました
必死に、地道な努力を重ねることでしか生み出せない「劇的」な価値を「THE RUNNING HOMERUN」は創造していきます。

ヒロハラノブヒコ

写真セピア

1999年、日本テレビ「ロンブー龍」にてキャリアスタート。
2002年に原作を担当したSFホラー「TOYD」(放映・WOWOW  )が、同年第39回ギャラクシー賞大賞を受賞している。
2004年、個人事務所THE RUNNINGHOMERUN設立。
2011年、ローカルヒーロー「まなび戦隊オシエルンジャー」プロデュース。主題歌「オシエルンジャーのテーマ」の作詞と歌唱を担当している。
2014年、ガールズユニット「並木橋ハイスクール」(現在は活動休止)をプロデュース。作詞多数

 

現在担当番組

                       

 

過去担当番組

~他多数。

 

 

愉快な仲間達

小川康弘

1977年2月13日生まれ O型  東京都出身
1995年、お笑いコンビ「耳なり」を結成し、テレビ、ラジオ、ライブ等で活動。
2005年5月「少年文芸」にて小説を発表し、作家デビュー。
2010年3月、コンビを解散。現在、小説の他にテレビ、CM、ライブ等の構成に携わる。

【構成】
・エレキコミック単独ライブ
・エレ片(エレキコミック&ラーメンズ片桐仁)コントライブ「コントの人」
・ナイツ独演会
・まなび戦隊オシエルンジャー
・SPACE SHOWER TV「爆裂★エレキングダム!!」
・SPACE SHOWER TV 氣志團特番
・バンダイナムコライブTV「ナムコマンデー」
・バンダイナムコライブTV「アニメびぃ~と」
など

【小説】
・エロ悲しい (小説「イメクラ」)
・未来創作 vol.1 (絵物語「ガンジー小林」)
・かてきょ! (単行本 小説「かてきょ」「反省文」「ヒコウボーイ」「性的少年」「自宅分娩」)
・少年文芸 vol.3 (小説「ユキオンナ」)
・少年文芸 vol.2 (小説「反省文」「ヒコウボーイ」「性的少年」)
・少年文芸 vol.1(小説「かてきょ」「ホームランバッター」)
など

小川康弘のブログ
http://ameblo.jp/ogawa-yasuhiro/

小川康弘ツイッター
https://twitter.com/ogawayasu

 

オクショウ

放送作家・脚本家・漫画原作者

1992年生まれ。大学入学と同時に作家としての活動を始める。放送作家として「ネ申テレビ」(ファミリー劇場)「AKBINGO!」(日本テレビ)「NOGOBINGO!2」(日本テレビ)などアイドル関連の番組に多く関わる。漫画原作者として、別冊少年マガジンにて「リアルアカウント」(作画:渡辺静)を連載している。現役の大学生でもある。

 

キシ

放送作家

2007年、見習い作家として、日本テレビ、
さまぁ~ずの「ぶっコギ!」でキャリアスタート。
以降、バラエティー番組を中心に活動。

【現在の担当番組】
・「オトタビ」日本テレビ
・「あにパラ音楽館」キッズステーション

【過去の担当番組】
(日本テレビ)
・ガキの使い「絶対に笑ってはいけない病院24時」
「絶対に笑ってはいけない新聞社24時」
・日本テレビ開局60周年記念特番「ビートたけしの超訳ルーヴル」
・世界最強の勇者達part3~part12
・汐留ギャラリーハウス
・せまソン etc

(TBS)
・爆報!THEフライデー VS サンデージャポン!!
・有田のヤラシイハナシ
・ラブネプ
・エスカレートTV

(その他)
・AKBのネ申TV  など。
【過去の担当番組】
・「ハマカーン
単独ライブ、構成担当

・「BIG BANG 」
V.I ソロアルバム「LET`S TALK ABOUT LOVE
テレビCM構成担当